【台湾(台北)】台湾鉄路縦貫線旧華山駅(中央藝文公園)

2週間の出張で台湾に行く機会があり、土日の休みを利用して何か所か廃線跡も散策してきました。

初めに訪れたのは7/29(土)、台北駅の東隣にあった旧崋山駅です。昔の地図を見ると分かりますが、崋山駅は広いヤードのある貨物駅でした。その後台鉄の路線は地下を走るようになり、いまは中央藝文公園という広い公園になっています。

古い白黒の航空写真は1974年のものになりますが、当時のヤードの中心の線路に沿うように、今も滑走路のようなグレーの帯が見えます。

公園にはそのレイアウトを示す案内板がありました。

先ほどの帯の部分には「台鉄緊急避難路」と書かれています。その中心から北東方面を撮った写真がこちらです。

レールだ!

そしてその撮影場所の下は・・・

トンネルでした。
1986年、西の台北駅からここ崋山駅までが地下化されました。ここはその時の出口。その後、さらにこの崋山から東も地下を走るようになった1994年、このレールは使われなくなりました。

北東の端からトンネル方向を見れば、この廃線跡がスロープになっているのがよくわかります。

錆びた線路や落書きを見るとちょっと寂しい・・・かな?


公園はしっかり整備されていて、とても気持ちのいい場所でした。



渡辺直美さんや美少女戦士はこちらでも人気がありますね。

ご覧の通り、台北駅はすぐ隣です。台北駅で少し時間があるなら、この公園はおすすめです。

右の高速道路も昔は台鉄が地上を走っていたところですので、一応こちらも廃線跡です。

昔はもう線路だらけでした。

今回は辿れませんでしたが、いつか再訪するときには、台北駅周辺の廃線跡も歩いてみたいものです。

2 件のコメント:

  1. 観光で林森路を歩いていると、妙な空間が…。近くの建物には「華山貨站」の看板が…。そして日本の貨物駅にもあったような上屋が…。(上屋下は商業施設)位置的に台北駅のすぐ東側ですので、これは!と閃きました。貨物駅跡地を見ると 胸騒ぎする性質なのです。
    こんなに大きなヤードがあったのですね。ご紹介ありがとうございました。
    (ちなみに、家族で台北旅行していたのですが、この場面は単独行動時です。貨物駅跡地にときめく心情、家族には理解してもらえません。)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。お返事が遅くなり大変申し訳ありません。貨物駅跡地で胸騒ぎ・・・よく分かります(笑)。お役に立てて幸いです。

      削除