【台湾(台中)】台湾鉄路縦貫線(旧豊富駅ホーム・豊原駅周辺)


7月30日(日)には、高鐵(新幹線)に乗って台中に向かいました。
色以外は日本の新幹線そのまま(笑)。

一つだけ違うのは、デッキから車内へ入る自動ドア。日本だとデッキにいるだけで反応して開いたりしまったりしてしまいますが・・・台湾の高鐵はスイッチがありました。

降りたのは台中の少し手前の苗栗駅。ここで台鉄(在来線)に乗り換えます。最寄り駅は豊富駅。

特急列車は通過してしまいます。先日痛ましい事故がありましたが、同型の車両ですね。多くの方がなくなられました。まだ原因ははっきりしませんが、とても残念です。ご冥福をお祈り致します。

この駅は高鐵の苗栗駅開業後、少し南に移設されました。なので・・・現在の豊富駅の北端からは廃線跡ならぬ廃駅跡が見られます。

2016年の9月まで使われていたそうなので、アップで撮ると現役のホームみたいですが・・・こんなに近いんです。

ちなみに台鉄の苗栗駅は豊富駅の一つ南にあり、高鐵の最寄り駅ではありません。

ここから少し南下して、豊原駅までやってきました。ホントはここから北に延びる有名な廃線跡に行きたかったのですが、時間がなく今回はパス。でもこの周辺の数駅は最近高架化されたので、2003年当時の航空写真と見比べると、足元には昔の線路跡がまだ残っている様子。ちょっと散策してみました。

旧路面の東半分に高架線が走っているので、西側に廃線跡があります。


駅前は整備が始まっていて、残念ながら廃線跡を覗くことはできませんでした。

豊原駅周辺を散策中に迷い込んだ豊原廟。

豪華で風情のある由緒正しき寺院、といった感じ。



ちょうどお祭りだったようです。


うどんのような、でも汁は甘い、「米苔目(ミータイムー)」がふるまわれていました。

帰りの高鐵は奮発してグリーン車に乗ってみました。

全く同じでした(笑)。

つまみとビール、白酒で武装して乗りましたが・・・

ちゃんとしたデザートとコーヒーがついてきました(笑)。これ、おいしかった・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿