【東京都】東京都港湾局晴海線

遺構が残りにくい都内にありながら、多くの線路や鉄橋などが残る最も有名な廃線跡は、やはりここでしょう。東京都港湾局の旧晴海線です。

まずは1970年代と現在の地図を比較。右上の越中島貨物駅から、橋を2つ超えた先で分岐。左は現在の豊洲市場の近くまでいく線路ですが、今回は分岐を右に進みもうひとつ橋を越えて晴海ふ頭へと入っていく路線をたどります。

越中島貨物駅の西端には古ぼけた線路が残ります。

その先の高速道路の手前でいったん線路は途切れます。

上から見たところ。画面の右下から左上に向かって廃線跡が残っています。

前の写真の左上に見える道路から越中島貨物駅を振り返ったところ。都有地となっていて、いまだ建物は建っていません。

そして道路を超えたところにはこんもりと木の生い茂っている一帯があります。

中をのぞくと・・・線路が残っています!

その先、1本目の運河を超えた後は民間の駐車場が帯状に続いています。画面真ん中から左上方向です。そしてテッソー物流さんの建物の横を超えると2本目の運河。

ここの橋も撤去されてしまいましたが、橋げただけが残されています。写真は越中島貨物駅方面を振り返ったところです。

この先、細い路地を進むと・・・

豊洲方面と晴海方面の分岐跡が見えてきました。

まっすぐ行くと豊洲、右が晴海。豊洲方面も線路のようなタイルデザインになっていますが、晴海線は線路が残されています。

やっぱこうでないと(笑)。

左下のツインビルの右側の細い道を抜け、豊洲三丁目公園の手前で分岐した晴海線は、大きくS字を描いて右上の橋に向かいます。右上の橋はよく見ると太い道路の左側に細い鉄橋らしきものがあります。

晴海線最大の遺構・晴海橋梁です。

中には入れません。遊歩道として整備する計画もあったようですが、強度不足で断念したとか。

線路の内側には立派な樹木が育っています。

草木にうずもれる線路跡。

反対側から見たところ。新しい高層ビル群と古ぼけた廃鉄橋。

これは何の遺構だろう?

渡った先はマンションのショールーム。廃線跡がちょうどその駐車場になっているようで、きれいにカーブを描いています。

許可をいただいて中に入れてもらいました。奥の鉄橋からずいっとカーブを描いているのが分かります。

反対方向。

その先は更地です。ここにはヤードがあったはず。線路など残っていたら面白いのですが、中には入れませんね。晴海橋梁方面に振り返って撮った写真です。

この先に線路は伸びていて、真ん中少し左に見える水色の屋根の鈴江コーポレーションさんの倉庫の脇には、アスファルトに埋められた線路がまだ残っているらしいのですが・・・ここは断念しました。

【20181104再訪】
やはり気になって、お台場定例ミーティングの後、晴海埠頭に行ってきました。
有明通りの晴海大橋から、パシャリ。

アスファルトの下に隠れた3つの線路の後が分かります。写真右下の2本の黄色い草の線も線路の跡でしょうか。

本当は向こう側に映っている豊洲大橋から撮りたかったのですが、開通前で歩道も入れませんでした。後から知ったのですが、豊洲大橋はまさにこの日の14時に開通だったようです。あと30分ほど待てば良かった・・・(ToT)

0 件のコメント:

コメントを投稿